バスの件ですが。。【釣行記】

ブラックバスの釣り日記ってやつですね。
相模湖がメインですかね。
まあ初心者の私が書いているものなんで
皆様の釣りに役立つことはないです。。
ニヤリ程度に笑えます。
元祖ジャークやるべしっビシッビシッ その3

JUGEMテーマ:趣味

バスの件ですが。。【TOPページへ】
バスの件ですが。。【釣行記一覧へ】



あいあい。
前々回と前回の続きでジャークです。


つーことで。
だいたいジャークについて分かったので
タックル用意してみようぜってことです。


まずリール!

このためにポンっとリール買えちゃったりするほど
ビル・ゲイツではないので、
つーか、まじで数ヶ月で破産するぐらいの貯金しかないので
既に持っているリールを使うしか選択肢なしっ!




ライン!

ナイロンで20lbであれば何でもOKなんだけど
気分はヒロイズムなもんで
シルバースレッドをチョイス。

シルバースレッドはヒロ内藤さんが開発に携わり
とにかく耐摩耗性を最強にしたラインで
当時のラインと比較して耐摩耗性を10倍に上げたとんでもないシロモノ。

通常のラインを切れ具合を「キレてないっすよ」の長州力とすれば
ガンジーぐらい切れない耐磨耗性ってこと。





ルアー!

はい、ひょっこりはん!みたいな
ボーマー社のルアーの顔が好きなので
ロングAにしようかと悩んだけどもラトリンログをチョイス!

何故ならアイシャドウが入っているから。

若かりし頃のジュリーかよっ!
SHAZNA時代のイザムかよっ!
コント赤信号のリーダーかよっ!
MCコミヤって何だよっ!?





この子等がラトリンログ。



ラトリンログと言えば通常は一番上にある ARB1200 ってタイプ。
だいたい60cm潜りまっせ。

真ん中にあるのが ADRB1200 ってタイプ。
だいたい1m20cm潜りまっせ。

一番下にあるのが エリート8 ログ。
だいたい2m40cm潜りまっせ。


私は買わなかったが
この他にも3m潜るパーフェクト10ログとか
サスペンドタイプのASDRB1200っつーのもある。



でだ。
それぞれのルアーの違いはっつーと
まずは潜行深度が違うのでリップの大きさが違いますわな。


でもってエリート8だけ表面の凹凸が浅い。

これが通常のログ。



でもってこれがエリート8。
写真じゃ分かりづらいっつーか分からないけど
凹凸が浅いんでございます。



ラトリンログシリーズは表面に沢山の凹凸が施されているんです。
こいつが何かってーと、ルアーを動かした時に
水がルアーの表面から離れにくくなって水の抵抗が減るんだそうな。
抵抗が少ないってことは速く動かせる。
つまりはキレがよくなるんですよ。

もうね、親のカタキかよってぐらい
ジャークはキレに執着ですよ。

キレじゃ満足いかない。
キラー、キレスト。
最上級系じゃなきゃ満足しない。




じゃあ、エリート8は何で凹凸が浅いかというと、
春での使用を想定して作られてるから。

春のバスはキレのあるルアーの動きが好きではないらしいのです。
なのであえて凹凸を浅くしキレを落としたらしい。

だからエリート8を使う時はヌメヌメした動きを意識するそーな。
ヌマー。

パーフェクト10はもっとヌメヌメ。
ヌメスト。




最後にロッド!

バスプロショップス グラファイトシリーズだと一番短いので6ftの長さ。
これでもOKなのだけど
せっかくだから5ft台のロッドをどんな感じか使ってみたいじゃん。

てことで5ft6inの長さがラインナップされてちる
バスプロショップス ツアニー スペシャル TSX56MLC に決定。

 




しかもこのロッド、ガングリップなのですよ!
ガングリップてのはグリップが通常のように真っ直ぐではなく
銃のグリップのような片手で握りやすい形状になってるのです。
いやぁ、使ってみたいじゃん?
ばきゅーん、ばきゅーんってしたいじゃん?


てなことで届きました。

竿袋?
そんなの都市伝説ですよ。
ビニール袋に包まれてきますよ。
プチプチのエアが入ったビニールじゃないですよ。
素ですよ、素。
ぺらっぺらですよ。
新聞紙じゃないだけまだ贅沢ですよ。



これがガングリップ。
Bass Pro Shopsのエンブレムが
恥ずかしい程に存在感をアピール。




こちらリールシート。
フロントグリップ?
そんな物は存在しねぇ!




バット部分にある謎の蛍光の線。
湖上でバスボートに轢かれずとても安心。





うーん、いいねぇ。
とてもいいよぉ。
ガングリップも握りやすいよぉ。

短いから部屋の中でも振れるかなってなことで
軽くキャストの素振りをしてみる。

うんうん、やっぱ短いってのは振り抜きやすいね。
5ft台のロッドはありだよ、あり。

ピッチングはどんな感じだろう?
えい、ビュッ!



ガンッ!!



テーブルに思いっきりロッドを強打する。

やっべー、短いからって調子にのってた。
買ったばっかなのに傷ついちゃったかな?
まぁ、大雑把な私は傷程度は気になりませんよ。


再度ピッチングの素振り。
今度はテーブルに当たらない。

同じ場所から同じ素振りをしているのに
何故当たらないんだろう?




あーそっかぁ、
折れて短くなってるから当たらないんだぁ〜





折れてるよ!
折ーれーてーるー!!


届いてから数十分で折っちまったよ!
ギネス記録に載れるよ!


長さ測ったら5ft3inになってるよ!
俺の3in返してくれよ!



他のロッドと並べたら
なんか捕まった宇宙人みたいになっちまった。。




はぁ〜、落ち込んだよ。
今ほど人生やり直したいって思ったことないね。

とりあえずガングリップっつーことで
全身迷彩に身をつつみ銃を構えて気分転換しといた。
ばきゅーん。。



【本日の教訓】
豪邸に住むか、お外でロッドを振りなさい。

今回で元祖ジャークの話はおしまいです。
実釣は釣行記にでも書くよ。

| bassken | どーでもいいこと | 16:16 | comments(5) | - | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
広告

このページの先頭へ